【Go言語】Hello Worldしてみた

ソフトウェア

 

Googleが開発した言語としてにわかに注目を集めているGo言語

ちょっと気になっていたので入門してみることにしました。

 

 

環境構築

 

インストール

まずはGo言語をインストールしましょう。

下記からインストーラをダウンロードしてNextをポチポチすればよいです。

Downloads - The Go Programming Language
Go is an open source programming language that makes it easy to build simple, reliable, and efficient software.

 

ちなみに私はWindows10にインストールしています。

 

開発環境(IDE)

 

golandというIDEが使いやすいそうですが、有償です。

 

私はVisual Studio Codeを使っています。十分に使いやすいです。

Go言語用のアドオンを追加するとより使いやすくなります。

 

Download Visual Studio Code - Mac, Linux, Windows
Visual Studio Code is free and available on your favorite platform - Linux, macOS, and Windows. Download Visual Studio Code to experience a redefined code edit...

 

Hello World

 

環境が整ったのでHello Worldしてみます。

 

Visual Studio Codeで適当なフォルダに新しいファイルを作成します。

名前は、何でも良いのですが、拡張子が「.go」となるようにします。

間違っても「hiromi.go」などとしないように。ほんの冗談です。

 

私は以下のようにコードを書きました。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello world!")
}

このコードを実行すると、Hello Worldという文字列が出力されます。簡単ですね。

 

簡単に解説します。

package main

func main(){
    // entry point
}

「package main」と「func main()」で、プログラムのエントリポイントを指定します。

「//」はコメントアウトです。「/*~~*/」でもコメントアウトになります。

 

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello world!")
}

「import “fmt”」で、fmtというパッケージを読み込み、

「fmt.Println(“Hello world”)」で、fmtパッケージのPrintln関数に文字列”Hello World”を渡しています。

「package “fmt”」は、C言語のinclude <stdio.h>」のようなもので、標準入出力をサポートします。

 

その他のpackageとimport

 

Go言語には様々なpackageが存在します。例えば、

import (
    "fmt"
    "os/user"
    "time"
)

func main() {
    fmt.Println("Hello world!")
    fmt.Println(user.Current())
    fmt.Println(time.Now())
}

上記のコードでは”Hello world!”の他に、PCにログインしているカレントユーザの情報現在時刻が出力されます。

 

importの部分に注目で、

import "fmt"
import "os/user"
import "time"

などとすることもできますが、

import (
    "fmt"
    "os/user"
    "time"
)

と書けばより簡潔ですね。

 

まとめ

 

Go言語に入門し、HelloWorldしたので紹介してみました。

今後もしばらくGo言語関連の紹介を記事にしていきます!

 

以上!

コメント