「Dyson V8 slim fluffy」を購入してみた

雑記

 

我が家で念願だった「Dyson V8 slim fluffy」を購入しました。

購入の決め手や実際に使ってみた感想を記事にします。

 

結論、

  • コードレス
  • 吸引力
  • 静音
  • 軽さ

を妥協したくない人は、迷わず購入すべきです!!

 

前に使っていた掃除機「Twinbird」の「サイクロンスティック」

 

「Dyson V8 slim fluffy」を購入する以前は、「Twinbird」社製の「サイクロンスティッククリーナー」を使っていました。

 

 

お値段なんとたったの¥3,500(笑)

安かろう悪かろうと考え購入したのですが、思った以上に使い勝手がよく、ずいぶん長い間使用させていただきました。

 

しかし、当然欠点もいくつかあります。特に我が家で使いずらかった点が下記です。

  • コードタイプであること(充電式ではない)
  • ヘッドが大きいこと
  • 吸引音が大きい

コードタイプだったため、部屋を移動する度に電源を差し替える必要があり、とても面倒でした。

またヘッドのサイズが絶妙で、我が家の至る所にある狭い隙間にギリギリ入らない(笑)

そして、吸引音が大きいです。もちろん、その分ごみを吸ってくれましたが、我が家はアパートなので、朝や夜に使うのは気が引けるレベルでした。

こうした不満を解消するために、新たな掃除機を探していました。

 

「Dyson V8 slim fluffy」を選んだ理由

 

前述した不満を解消するためには

  • コードレスであること
  • ヘッドが小さい事
  • 音が小さい事

が条件でした。

そしてもちろん掃除機なので「吸引力があるに越したことはないよね」という話になり、吸引力も含めて条件を満たせる製品を探していました。

 

吸引力のすごさ

 

Dyson = 吸引力

 

この方程式が成り立つくらい、Dysonは吸引力の向上に力を入れています。

実際に家電量販店に行って試したところ、他社製品とは明らかに違いました

この違いを文字で表現するのは難しいので、気になる方は家電量販店で試してみてください。

 

私は、他社製品との吸引力の違いを目の当たりにした時点で、「Dyson製の掃除機にしよう」と心に決めていました。

 

コードレス、軽さ

 

単純な吸引力だけを求めるのであれば、Dysonのキャニスター型の製品や、スティック型でも最新モデルの「Dyson V10」、「Dyson V11」なども候補になります。

しかし、我が家の掃除の不満を解消するためには、コードレスであることは絶対条件だったので、キャニスター型は対象外。

「Dyson V10」はかなり迷いましたが、2020年2月末時点で「Dyson V10」slim版がありません

店頭で「Dyson V10」を試したところ、私の妻は重さが少し気になったようです。

比べて「Dyson V8 slim fluffy」はとても軽く、女性でも気にならない重さでした。

 

 

もちろん掃除機なので音は出ますが、「Twinbird」の「サイクロンスティック」と比べると、「Dyson V8 slim fluffy」はかなり静かです。

「サイクロンスティック」よりも低音なため、より静かに感じるのかもしれません。

 

Dysonのイマイチなところ

 

Dysonの掃除機にも改善してほしい点があります。

値段が高い

 

「Twinbird」の「サイクロンスティック」¥3,500に対して、「Dyson V8 slim fluffy」は¥45,000です。

もちろんその分ハイスペックではありますが、ブランド価格が上乗せされている感が否めません。

 

無駄な機能を付け始めた

 

最新機種の「Dyson V11」には、掃除機本体の電池残量やフィルタの状態を可視化できる「モニター」が搭載されています。

 

モニター付きの掃除機を高値で売るんだったら、モニターなくして少しでも安く売ってほしいと思いませんか?

 

高値で売らないと利益が出ないので、便利機能をつけて少しでも高く売りたいのはわかりますが、一般の消費者が家電に求めているのは便利機能ではなく必要十分な機能/性能と安さです。

 

日本メーカーが作る家電に似てきたなぁと感じてしまいました。

 

実際に使ってみて

 

吸引力取り回しの良さ大満足しています!

コードレスかつ軽い本体でこの吸引力を実現している製品は、「Dyson V8 slim fluffy」のみではないでしょうか?

 

我が家の家具の狭い隙間にもDysonのヘッドは入ってくれ、今まで掃除が滞っていた箇所もきれいになりました。

まとめ

 

「Dyson V8 slim fluffy」を購入した経緯、使ってみた感想を紹介しました。

値段が値段なので、コスパのみ考えれば「Twinbird」の「サイクロンスティック」のような格安製品のほうが良いような気もしますが、

  • 吸引力
  • 取り回しの良さ(コードレス、軽さ)

を高次元に求めるのであればDyson製品一択なのではないでしょうか。

購入を迷われている場合は、家電量販店で実際に試してみるのもおススメですよ!

 

以上!

コメント